スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告知】SFインターメディアフェスティバル2016

初めましての方もそうでない方も、こんばんは!SFコミュニケーション研究会です。

今年も開催いたします『SFインターメディアフェスティバル2016』!詳細が決まりましたので、お報せいたします。

昨年は、「ロボットの昼とプログレの夜」として、お昼にはロボットと人間の関係についてSF映画・ロボット制作・ボーカロイドの3つの視点から来場者の皆様と考えてみたり、夜はプログレのお話とテルミン・歌のライブを行ったりと、とても楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

今年のタイトルは「すべてがR(eal)になる」…っということで、「現実」について本気出して考えてみるような内容になっております!チラシも完成しましたので、まずはこちらのブログでお披露目です♪

今回はAR(拡張現実)作品を展示し、「技術としての拡張現実」「舞台演出による現実の拡張」「SNSといったヴァーチャル空間における現実」といった視点から、現実の見せ方/見え方に切り込んでいきます。他ではなかなか聞かれないニッチで濃い内容をご用意しておりますので、どうぞ気軽な気持ちで遊びにきてください(*^^*)イベント詳細はチラシの後に記載しております。

2016sfimfes.jpg
2016sfimi.jpg

―「現実」って何だろう? 
現代を生きる私たちにとって、「現実」は一つではなくなってしまったのではないだろうか。これまで、『マトリックス』や『サマーウォーズ』など、多くのSF作品で描かれてきた多様な仮想現実が、オンラインゲーム、SNS、4DX映画といった媒体を通して私たちの前に広がっている。しかし、こうしたメディア媒体が出現するよりずっと以前から、人間は想像力によって「現実を拡張する」という行為を行なってきたのではないか。物理世界を超えた現実の在り処を、リアル/ネット時代の今だからこそ考えてみるのは…きっと愉しいに違いない。

2016年のSFインターメディアフェスティバルでは、昨年大きな話題となったAR(拡張現実)作品を展示し、制作者がAR技術や可能性について解説します。また、想像が現実を侵食する愉しさとほんの少しの怖さを、舞台演出家と、依存に関する社会病理を扱う臨床心理士によるパネルディスカッションを通して多面的に解釈します。


【お問い合わせ】
imcommun.xx@gmail.com

【ご予約】
「件名:前売り券予約 1、氏名 2、チケットの種類 3、ご連絡先」をご明記の上、
imcommun.xx@gmail.com宛にメッセージをお願いいたします。

【料金】
前売り券(お取り置きにて対応)
一般 1800円(1drink付き)
学生 1500円(前売り・当日共通 1drink付き)
当日券 
2000円(1drink付き)

※学生の方は、当日、受付にて学生証をご呈示ください。
※席数には限りがございますので、ご予約をお勧めいたします。

【タイムスケジュール】
13:30 
開場・受付開始
14:00〜15:10
①ご挨拶とTwitter公募によるSF作品のご紹介
②赤松正行〜AR技術と作品制作、ARの可能性について〜
③加藤智宏〜舞台演出における現実の拡張法〜
④後藤智希〜依存から見る現実世界〜
15:10〜15:20
休憩
15:20〜16:30
登壇者による対談と客席との交流

※AR作品展示がありますので、空き時間に是非ご体験ください

【会場】
Velvet i Scream
〒464-0851
愛知県名古屋市千種区今池南31-21 クリエイティブ21ビル B1

velvetmap.jpg



皆様のご来場を心よりお待ちしております!


SFコミュニケーション研究会


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。